赤外線通信ができないiOSでも簡単にアドレス交換できます!

赤外線のないiPhone/iPadで連絡先を交換する方法

いわゆるガラケーでは、赤外線通信を使って連絡先を交換するのが主流でした。さて、赤外線の無いiphoneで連絡先を交換する際はどうしたらよいでしょうか。



実践

QRコードアプリを使って連絡先を交換する

 QRコードを利用して連絡先の交換を行うのが最も簡単かつ便利な方法でしょう。App StoreにはQRコードを作成するAppが多数公開されていますので、1つだけでもインストールしておくと良いでしょう。私のオススメは「アドレス交換Lite」です。このAppなら自分の連絡先のQRコードを作成する機能だけでなく、相手のQRコードを読み取る機能も備わっているため、一石二鳥です!操作は至って簡単。「QR作成」をタップして、QRコードにしたい連絡先を連絡先アプリの中から選択するだけ!キャリア毎で、iphoneかそれ以外かで読み取るQRコードが異なりますので、相手の携帯に合わせて表示するQRコードを変えてあげてくださいね。


アドレス交換Liteをダウンロードする(iTunes)

最新機能!AirDropで連絡先を交換する(iphone同士の場合のみ)

 AirDropを使うには、連絡先を交換しあう2人のスマートフォンが互いにiphoneで、かつ機種がiphone5以降でiOS7が入っている必要がありますので注意してください。
 まず、ホーム画面の画面下部から上方向にスワイプしてコントロールセンターを開き、「AirDrop」をタップして「全員」を選択することでAirDropの機能をオンにしましょう。
 そして、連絡先アプリから相手に送信したい連絡先を選び、「連絡先を送信」をタップ。すると近くのAirDropをオンにしているiphoneに連絡先が送信されます。操作はこれだけ!なお、常時AirDropをオンにしているとバッテリー消費が激しくなってしまいますので、使わないとき以外はオフにしておくことをオススメします。