iPhone/iPadでも長文をラクラク入力するには?

文字入力がしづらいと感じている方へ

  iphoneをはじめとしたスマートフォンの多くは、従来のガラケーのような物理キーボードを採用していません。タッチパネルでの文字入力は慣れるとかなりスムーズにタイピングできますが、長文を書いたりする際には指が痛くなってしまったり…。bluetooth機能搭載のワイヤレスキーボードを使えばより楽に文字入力ができますよ!



実践

キーボードを選ぶ際のポイント!

 キーボードを選ぶ際にはいくつかの気を付けるべきポイントがあります。自分の使用用途に合った製品を選びましょう!

・サイズ

 まず、最も重要となってくるのはキーボードのサイズ。iphoneのようなスマートフォンで利用する際には折り畳み式のタイプがオススメです。折り畳み式ならば手のひらサイズに畳んで持ち運ぶことができるので持ち運びも簡単、外出先などでも気軽に使うことができます。できるだけPCと同じような環境で文字入力がしたい方はPC向けのコンパクトサイズのものを選んでもよいでしょう。

・キーの配列

 折り畳み式やスマホ、タブレット用のコンパクトサイズのキーボードは特殊キーの配列がPCのキーボードと異なっている場合や、省略されている場合があります。また、iOSの場合はApple社純正のbluetoothキーボード以外は日本語配列のキーボードとして認識されず、英語配列のキーボードとして認識されてしまいます。それに伴ってキーボードに印字されている記号がうまく入力できない可能性があるので注意してください。

・キーのタッチ

 製品によって採用しているキーの構造が異なります。快適に文字入力をしたい方はPCのキーボードに多く使われているパンタグラフ式を選びましょう。

・キーボードの電源

 ワイヤレスキーボードの電源のほとんどは乾電池式かバッテリー式でしょう。乾電池式の場合は電池が切れてしまってもコンビニ等で買えるのが大きなメリットですね。一方、バッテリー式の多くはmicroUSB端子で充電が可能なので、ポータブルバッテリーを持ち運ぶ人なら電池切れの心配はなくなります。

・スタンドの有無

 ワイヤレスキーボードにiphoneを設置するスタンドが内蔵されていれば、パソコンのように画面を立てて使うことができます。


おすすめ!iPhone/iPad向けワイヤレスキーボード
リュウド 折りたたみ式ワイヤレスキーボード

 iOSに特化したワイヤレスキーボードとのことで、非常に良い評価を受けています。キータッチも非常に良いようで、長時間のタイピングも快適に行うことができるでしょう。iphoneを立てるスタンドも設置されているので、別途スタンドを買う必要もないですし、なによりも折り畳み式を採用しているのでコンパクトに持ち運びができる点が素晴らしい!お値段は多少しますが、それに見合った機能の備わった非常にオススメできるキーボードです。

ELECOM TK-FBP052WH

 こちらはコンパクトタイプのワイヤレスキーボードです、上記の折り畳みのタイプよりサイズは大きいですが、薄型なのでかさばるようなことはないでしょう。こちらの製品ならPCのキーボードと近いようなサイズ感なので使い始めも違和感なくタイピングできるでしょう。こちらの製品にはスタンドが付属していませんので、タブレット用スタンド のようなスタンドを使えばより快適に文字入力ができるでしょう。