日本語変換を改善する方法

iPhone/iPadの日本語変換を改善する方法

 iphoneはandroidとは違って自由に文字入力アプリを選択することができません、ただ、ユーザ辞書機能などを上手く使えばもっと便利に文字入力ができますよ。



実践

辞書登録機能によく使う単語を登録する方法

 androidと比べると、iphoneは文字入力機能がどうしても劣っていると言わざるを得ません。しかし、ユーザ辞書機能を使ってよく使う単語を予測変換で出てくるようにすれば、文字の入力しやすさは格段に上がりますよ。
 単語をユーザ辞書機能に登録するには、
「設定」アプリから→「一般」→「キーボード」→「新規単語を追加...」の順にタップしてください。「単語」の欄に予測変換で出てくるようにしたい単語を。「よみ」の欄には基本的に「ひらがな」を入力してください。この「よみ」に入力した文字をタイプすると「単語」に登録した文字が予測変換に現れます。つまり、「よろしくお願い致します」という単語を登録したい場合、「よみ」の欄には「よ」とか、「よろしく」のように入力しておくと、予測変換によりすぐに現れるようになります。
 また、辞書登録したい単語をネットで見つけた時などは、文字を長押しして選択して、現れる吹き出しから「ユーザ辞書...」を選択すれば、「単語」の欄が入力された状態で登録画面に進むことができます。
オススメなのはメールアドレスを辞書登録しておくこと!自分のメールアドレスを、よみを「めあど」などにして登録しておくとメールアドレスを入力したいときに非常に役立ちます。

【朗報】iOS8で文字変換が大幅にアップデートする予定

 iOS8から、iphoneでのサードパーティー製のキーボードが使えるようになることが明らかになりました。これによって、androidでリリースされている文字入力ソフトがiOSでもリリースされるようになるでしょう。また、「QuickType」という文脈やクセ、相手を学習して予測入力の候補を挙げてくれる新機能も発表になりました。おそらく、今よりずっと快適に文字入力が快適になることでしょう。iOS8のリリースがまちどおしいですね!