iPhone/iPadで撮った写真をパソコンに移すには

iPhone/iPad内の画像をPCに移したい

iphone内の画像をPCに移すことは、iphoneの空き容量の確保という意味でも非常にオススメです。空き容量が少なくなってきた場合は是非お試しあれ。



実践

iPhone/iPadをPCにUSBで接続して転送する

 今回はWindowsのPCを使った場合で説明します。
itunesをPCにインストールしている場合は、iphoneをPCにつなぐ前にitunesを開いて「設定」から、「iPod、iPhone、および iPad を自動的に同期しない」にチェックを入れて、自動的にiphoneとPCが同期しないようにしておきましょう。
まず、iphoneとPCをUSBで接続しましょう。画像のような「自動再生」画面が表示された場合は「画像とビデオの読み込み」を、表示されなかった場合はWindowsのスタート画面から「コンピューター」へと進み「○○のiphone」を右クリックし「画像とビデオのインポート」をクリックしてください。するとiphoneのカメラロール内の画像のインポートが開始されます。読み込まれた画像は1つのフォルダにまとめられて指定した保存先(何もしていないなら「マイピクチャ」)に保存されます。「読み込み設定」で画像の保存先などの詳しい設定ができるのですが、iphone内から画像を削除して空き容量を確保したい方はそこの「読み込み後にデバイスから消去する」にチェックを入れておくと後で消す手間が省けますよ!

Dropboxを使ってPCに画像を転送する

 iphoneのカメラロール内の画像すべてではなく、数枚だけ選んでPCに送りたい場合には、Dropboxを使うことをオススメします!Dropbpxとは、無料で利用できるオンラインストレージの一つで、これをあらかじめ自分のPCにインストールしておけば、わざわざiphoneをPCに接続する必要もなく外出先でもiphone側からの操作でPCに写真を送ることが可能になります。
 iphoneのDropboxアプリからアップロードをタップして、カメラロールからPCに送りたい画像を選択しましょう。操作はたったこれだけ!PCのDropboxのフォルダに画像がアップロードされていると思います。とっても簡単なので是非試してみてくださいね。